6つのタイプがある女性の脱毛症

男性に起こる脱毛症の中で最も多いのは、AGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれる「男性型脱毛症」というタイプです。

この男性型脱毛症が起こるのは、テストステロンという男性ホルモンが毛根の奥にある毛乳頭部分で、Ⅱ型αリダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストステロン(Dihydrotestosterone)という物質が生成され、このジヒドロテストステロンが、髪のもとになる毛母細胞の増殖を抑えて髪の成長を止めてしまうことが原因です。

また、脱毛の進行は、額の生え際がM字型に後退したり、頭頂部を中心に薄くなったり、前頭部から薄くなったり、あるいはこれらが同時に薄くなったりというパターンがあります。

一方、女性の場合は、「びまん性脱毛症」というタイプが最も多く、その原因は、加齢、栄養バランスの偏り、睡眠不足、精神的ストレス、間違ったヘアケア、タバコなど、さまざまな要因が挙げられます。

びまん性脱毛症の中には、男性型脱毛症と同じような症状がありますが、この場合は、加齢の影響で徐々に女性ホルモンが低下するうえ、45歳~55歳くらいの更年期になると、さらに女性ホルモンが低下し、相対的に男性ホルモンが優位となるために発症します。

しかし、男性のようにツルツルのハゲ頭の状態になることはなく、髪全体が平均的に脱毛し、分け目が目立つようになったり、地肌が透けて見えるようになります。

次に多いタイプが、妊娠してから出産後に多量の抜け毛が発生する「分娩後脱毛症」です。

このタイプは、妊娠後期に女性ホルモンが増加して抜け毛が減少することに対して、出産後はホルモンバランスが著しく変動し、出産前まで維持してきた髪が、ホルモンバランスの乱れから一気に休止期に入ってしまうことが原因で多量の抜け毛が発生します。

しかし、この抜け毛は一時的なもので、出産後1年~1年半くらいで自然と回復します。

その他には、ポニーテールなど、髪を強く縛り、地肌から引っ張ることで起こる「牽引性脱毛症」、ストレスの影響が強いといわれる「円形脱毛症」、過剰分泌の皮脂のために頭皮が炎症して起こる「脂漏性脱毛症」、シャンプーのし過ぎなどで皮脂を取り過ぎてフケが発生し、そのフケが毛穴を塞いで炎症することで起きる「ひこう性脱毛症」など、女性の代表的な脱毛症のタイプは6タイプあります。

男性型脱毛症は男性ホルモンが深くかかわり、遺伝的な要因が強いため、なかなか改善は難しいですが、若い女性の脱毛症は、生活習慣を見直して、規則正しい生活習慣を身に付ければ、比較的、改善しやすいといわれています。