基本的な手法のダイエットをコツコツと・・・

現在、ダイエット法の基本とされ、最も確実で高い効果が期待できる手法は、まず、筋力トレーニングなどの無酸素運動で筋肉量をアップして、基礎代謝量を高め、そして、ウォーキングやジョギング、サイクリング、エアロビックスなどの有酸素運動を加えるというものです。

基礎代謝とは、寝ている時や何もしないでじっと座っている時でも常に消費されていて、心臓や内臓を働かせ、呼吸をしたり、体温を保つなど、人が生きていくために必要最小限のエネルギー代謝のことで、一般的な人なら、全体の消費量の70%近くを占めます。

この基礎代謝は、体の中では筋肉の部分で最も多く消費されますので、筋肉量が多ければ基礎代謝量も高くなるという正比例の関係にあります。

よって、筋力トレーニングで筋肉量をアップして基礎代謝量を高めれば、これと言った運動をしなくても、1日当たりの総消費エネルギーが高まり、痩せやすい体に変るというわけです。

このように、痩せやすい体を作れば、食事で摂取したエネルギーは全て消費できるようになり、体脂肪として蓄えられる余分なエネルギーがなくなるので、その後のダイエットもスムーズに行えます。

しかし、こうした基本的な手法を無視して「とりあえず手っとり早く痩せたい・・・」という安易な思いから、大幅に食事量を減らした食事制限だけによるダイエット法で痩せようとする人は少なくありません。

そんな人たちは、ある体重値を目標に設定すると思います。

そして、辛くても頑張って、食欲を我慢し続けて、目標値まで体重を落とすことができました・・・

しかし、確かに全体的に細くなった感じはするけど、美しいスタイルとか、カッコいいボディなどとは程遠い状態という思いをしている人も多いのではないでしょうか。

例えば、女性なら体重を落として、美しいスタイルになりたいという願いを持っているでしょうが、せっかく体重を落としても、下っ腹がポッコリと出ていたり、ズン胴、デカ尻などが目立つようでは、何の意味もありません。

また、頑張って体重を落としても、食事制限だけによるダイエット法は、必ずリバウンドが襲ってきて、前の体重以上に激太りしてしまいます。

ダイエットに大切なことは、余分な体脂肪を減らして健康な体を維持すること。

そして、美しいスタイルやカッコいいボディといわれるような体を作るには、しっかりと筋肉を付けてデザインすることが必要です。

ですから、筋力トレーニングと有酸素運動を併行して行うという基本的な手法のダイエットをコツコツと継続することが必要です。