栄養バランスを考えた食事を規則正しく摂りましょう!

「適度な運動をして、食べ過ぎないように注意しているのに、痩せられない・・・」「太らないように炭水化物を控えているのに・・・」などと努力しているのに痩せられないと嘆いている方は少なくないようです。

しかし、そんな方たちの食事内容を調べて栄養分析してみると、ファーストフードのハンバーガーばかり食べていたり、コンビニのおにぎりだけだったり、ポテトチップスやスナック菓子だけで食事を済ませたりなどで、とてもバランスよく栄養を摂取しているとはいえません。

どうしても、痩せたいと思いダイエットを始めたときの食事は、いかにカロリーを控えるか・・・ということばかりを考えがちになりますが、痩せるためには、栄養バランスを考えた食事がとても大切です。

人の体は、エネルギー代謝を高めて体脂肪を燃焼させるために、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなど、バランスの良い栄養素を必要とします。

これらの栄養素がバランスよく摂れないと、いくら運動して、食事量を減らしても、エネルギー消費できない体になり、逆に、食事で摂取したものが消費しきれずに、どんどん体に溜まって肥満に向かうことになってしまいます。

そもそも、栄養が偏ったり、不足している状態の体は、「いくら食べても、もの足りない・・・」という満腹感が得られない異常食欲に陥り、食事した後も、甘いケーキやアイスクリームなどを食べて、結局は食べ過ぎたり、ドカ食いをすることになってしまいます。

つまり、1日に体が必要とする栄養素が、どれか一つでも一定量に足りないと、満腹感を得られないわけです。

そこで、ダイエットを始めて食事を考えたときは、まず、肉、魚、貝、豆類、卵、乳製品、油脂、海藻、野菜の9品目を1日3食の規則正しい食事でバランスよく摂取するように心掛けましょう。

この9品目を食べることで、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランスよく摂取できて、新陳代謝が良くなり毛細血管が発達し、体温も上がり、基礎代謝量が高まり“痩せやすい体”になります。

大澤美樹

さらに、1日3食規則正しく食べることで、自然に食欲が抑えられるようになり、余分なものを食べることがなくなり、また、食事を我慢するストレスがないのでドカ食いなどを防ぐことができます。

栄養バランスのよい食事を1日3食規則正しく摂って、健康的で美しいスタイルをつくりましょう!

かゆみや赤みがでる敏感肌は・・・

さまざまなお肌のトラブルの悩みを抱えている女性にとっては、そのお悩みをなんとか解消したいと、惜しみなくお金と時間をつぎ込んで、日頃から相当の努力を重ねていることと思います。

そんなお肌のお悩みの中には、特に日本人に多いと言われている敏感肌が挙げられます。

敏感肌は、日常生活において衣類や髪が触れただけでも直ぐに反応して、かゆみが出たり、赤くなったりしてしまいます。

また、化粧品にも反応してしまうので、なかなか自分の肌に合ったものに巡り合うことが難しいという状況です。

このように、ちょっとした刺激にも反応してしまう敏感肌は、普段の日常生活の中で、かなりのストレスになっています。

もともと生まれながらのアレルギーやアトピー体質で敏感肌という人もいらっしゃいますが、肌内部に存在する保湿成分のセラミドが失われ、バリヤ機能の低下から肌が乾燥して敏感肌になるというケースが多いようです。

また、毎日メイクする人は、クレンジングなどの強い洗浄成分で肌にダメージを与えたり、洗顔をし過ぎたり、肌を強く擦って摩擦を与えるなど、間違ったスキンケアにも注意しなければなりません。

しかし、敏感肌になる原因は、その他にさまざまあり、はっきりと特定することができませんが、腸内環境も一つの大きな要因として挙げられます。

生活習慣の乱れから、小腸に悪玉菌が増えてしまい、それが原因として肌に悪影響を及ぼすことがあります。

暴飲暴食を避けて、栄養バランスを考え、できれば消化の良い食品を多く摂るなどして、規則正しい食生活を送り、さらに、乳酸菌などの腸内環境を向上させるための食品をしっかりと摂取し、お腹の中の善玉菌を増やしていくことで敏感肌の改善効果が期待できます。

そして、栄養バランスのよい食事を摂ったうえで、それと同等に重要なのが睡眠です。

中には「毎日の睡眠は4~5時間でも平気・・・」という人も結構いらっしゃいますが、6時間以下の睡眠になると肌荒れするなど、肌に悪影響があるといわれています。

毎日、同じ時間に寝て、起きて、最低でも6時間の睡眠時間を確保するようにしましょう。

こうした規則正しい生活を心がけることは、美容だけでなく健康な体を維持するための第一歩になります。